2021年9月4日土曜日

YG ACOUSTICS 鎮座

 贅沢で且つシンプルな構成!!

先日、Hailey2.2納めさせていただきました^^)

 ご覧の通りソースはKLIMAX DSのみ。

プリはコニサー3.0

パワーはFM711 2台によるバイアンプ



















設置はリビングの一角にセッティング。

スピーカー同士の距離は取れないものの

リビング全体の空間が広く響きもスムース





写真に少し写っていますが、ケーブル類は

ODINで統一していることもあり一音一音の緻密さと

音像の実在感がこの上なく気持ち良い!







YG ACOUSTICS Haileyの魅力は当然のことながら

あらためてコニサー&FM.Aの組み合わせの魅力を

再確認させていただきました。




  


2021年7月22日木曜日

やっと!!

やっと1台目が入荷しました(^^)

お待たせにお待たせしたKLIMAX DSM3 !!





色はRADIKALに合わせてブラックです。

今までお使いいただいたKLIMAX DSとM/L No.52に

置き換わり一気に3筐体が1筐体へと省スペース化されちゃいました^^;













省スペース化に伴いレイアウトも大きく変更、

かつネットワーク環境もDELAのHUBの導入、

光モジュールによる光伝送等大幅な変更です。

いつものことながらK邸での設置は、万全の準備がなされており、

お客様にご指示を頂きながら順調に進みます!




設置・接続の後はKANDIDの針交換です。

今回の楽しみの一つにアナログの音がどれほど変わるのかが

ポイントでした。

つまりKLIMAX DSM3の導入で

1)ネットワークプレーヤーの入れ替え

2)プリアンプの入れ替え

3)アナログレコードシステムの変更

と、3つもの楽しみを一度に味わうという贅沢な

グレードアップになります。






全てのセッティングが完了し音出しです!

時間の関係上、接続の確認程度の短い時間でしたが

確実な音の豊かさを感じることができました!!

特にアナログは改めて色々と聴いてみたくなる音の変化です!

これからが楽しみでしょうがないシステムになりました。

まだまだKLIMAX DSM3をお待たせしてるお客様がいる中、

1号機納品完了の報告でした。












 

2021年5月31日月曜日

半年ぶりの訪問!






昨年10月以来の宮崎市のS邸にお邪魔しました。
今回はコーナーアンクのお届けです。
前回は初期のセッティングでしたので、
新品ということもありしっかりと聴き込むことが
出来ませんでしたので、
半年間のエージングが進んだ音を楽しみにお邪魔しました。
 























まずは、コーナーアンク設置前に現状の音を
聞かせていただきました。
聴き慣れたアキュフェーズのデモディスクで数曲♪
低域の伸びも自然で中高域の分解も良くエージングが
進んでるのが明らかにわかりました!
その点を確認できた状態で、
いざアンクの設置てす。























設置後、先ほど試聴した曲を・・・・・
改善点をどう説明しようかと考える暇もなく、
効果がハッキリと判るほどの違いが耳に
飛び込んできました(^^)
前後方向の情報が増えしっかりと奥行きが表現されました!
B&Wの一番お得意のパターンが表現されて、
明らかに気持ち良くなりました! !
コーナーアンク恐るべしです(^^)










































今回の改善でますますこれからの変化が楽しみです!
次なる進化は・・・アナログプレーヤー?
それとも、ネットワーク系?
またお邪魔して進化を聴かせてもらうのが、
楽しみです!!






























2021年2月20日土曜日

完全なる趣味だけのお部屋!

 今回パナソニックホームズ北九州 様のご紹介で、

リフォームに伴い完全なシアター専用ルームにインストールさせていただきました。

お部屋はシックな色に纏められておりとても落ち着きのある空間です。


















DAIKENさんの壁材・天井材がうまくレイアウトされており、
家具や調度品も少ない状態にも関わらず厳しい反響音も気になることなく
最初から良い感じでサラウンド空間が出来上がっていました。




















サラウンドの構成はDENON AVR-X4700Hを使い
5.1.2chとさせていただきました。
MONITOR AUDIOのスピーカーがボーカルと
コンサート会場の空気感をしっかり再現してくれています。





















家具等が今後入るようなので、再度お邪魔して音場調整を
させていただこうと思います。

何よりも完全な隠れ家的なお部屋で存分に音量を上げて楽しめ
シアター空間に没頭できるのが羨ましい限りです。






2021年1月17日日曜日

光カートリッジ!

12月の話になりますが、
やっと2セット目のグランドマスターを
納めることができました^^)
こちらのシステムは以前にもご紹介いたしましたが、
アナログプレーヤーがReed. THORENS. LINNと
3セット並ぶシステムです。
DS AudioはDS-W2からのグレードアップになります。

























アームはリニアモータードライブのReed5Tに取り付けです。
グランドマスターのピックアップ精度と
リニアトラッキングの威力によって
恐ろしいまでの低域の表現力です!!
アナログならではの表情の豊かさと相まって
音楽にどっぷりと浸れる心地よさです。












 















3種のアナログを
贅沢に楽しめ羨ましい限りです。
もちろんCDもお聴きになられますが、
これだけ充実したアナログ環境があると
どうしてもアナログ贔屓になってしまうのは、
仕方ないことです。





今回納めさせていただいて
改めてDS Audio GrandMasterの実力の高さに
感激してしまいました。

2020年11月30日月曜日

宮崎へ!!

久しぶりの投稿になってしまいました。
先日、宮崎市内に納品にお邪魔させて頂きました!
北九州からは高速道路もダイレクトにつながり
以前よりはかなり近くなった感覚です(^^)




ただ唯一の懸念はお届けするB&W 800D3をお二階に
持ち上げることです(泣)
それも半分が螺旋階段になっています、、、、。
最初から大変さを感じていたので今回は、
いつもの肩掛けバンドに肩当てパッドをN女史に作ってもらいました!
そのおかげで意外とスムースにセット完了しました。















お部屋は専用ルームで広さも程よく800D3得意の
空間表現と低域のエネルギー感がうまく再現できそうです!
セッティングはスピーカーの間にA-75を2台セットし
プリアンプ C-2450とCDプレーヤー DP750は手元近くにセットアップです。





A-75は2台なのでバイアンプもBTLもどちらも
つなぎ変えひとつで楽しめるようにさせてもらいました!
当面のエージング中はバイアンプのままお使いいただくことかと思います。







セッティング完了後、少しの時間になりましたが音出しを。

最初から800D3の実力が感じられ一安心です。

とにかくしっかりと鳴らし込んでもらうことが何より一番ですので、

今後の変化が楽しみです!!






将来はアナログ、ネットワークと音源を増やしたくなるのは
必須かと思われます。
 まずはCDを存分に楽しんで頂き音楽三昧の日々を!!



2020年9月27日日曜日

改めて「恐るべきバージョンアップ」

 LINN LP12

KAROUSEL

45年の月日が生み出した最新のグレードアップアイテム。

発表依頼、入荷数も少なくお待たせをしながら

徐々にお届けさせて頂きました。




















第3世代のベアリングシステム。(写真右側)
見ただけでなんか良さそうですよね!
サブシャーシにねじ止めではなく
ボルトによる固定方式に変わってます。




































グレードアップキットを開封!
メインの軸受け部以外にインナープラッター、
サスペンション用スプリングセット等が入ってます。




















元のCirkusの状態。
ここから全部バラしていきます。
KEEL交換の時と同じ分解(^^)
時間はかかりますね。。。。

















長年頑張ってくれたCirkus!!

お疲れ様でした!!!!























裸(?)になりました ^^;
改めて見るととてもシンプルな造り。






























































KEELへKAROUSELを装着!!
固定の感じが全く違います。
期待は膨らみますね〜
























ほぼ復活!!
この後の写真を撮り忘れました^^;

で、期待の音出し!!!

うわっ!
静か!
空間広っ!
楽しい!

KEELの時の感動を思い出した!
でも価格は三分の一以下(^^)

こりゃ参りました。

アナログの奥深さ恐るべし!